「おいしい妖精の愛し方」見本誌来たよー。&十冊目。

表紙
 9月15日発売「おいしい妖精の愛し方」見本誌が来ましたよー!
 グロスPP加工でつやつやと輝いております。この写真では見えないのですが、ミリア(ヒロイン)のそばかすがちゃんと出ていて嬉しい。ミリアの瞳は「海の色」という設定で、表紙でも海を映したようで綺麗なんですよー。
 帯の色もとても好きです。とても好きです。腰に回った手が隠れなくてよかった!

全体
 全体はこんな感じ。棚差しになっている時は、どせいさんフォントをほうふつとさせる懐かしい(?)書体が目印です。
 裏表紙には水色ドットが敷かれていて、それがまたとても可愛い。

 南ヨーロッパの海に浮かぶ、千年以上増築と改築を重ね続けた人工建造物の塊《迷子島(まよいごじま)》で繰り広げられる、食べても食べてもすぐにお腹が空いてしまう大食らいの海女(あま)兼 観光ガイドのミリアと、人生をすべて料理に注ぎ込んでいる、さびれた食堂の若き店主ライのラブコメディです。

 幼なじみのミリアとライは恋人ではないものの「食べ続けなければいけない女の子」と「料理をせずにはいられない男」として、ある意味で共依存にも似た二人の世界に生きていた。たがあるきっかけによってミリアは突然男たちからモテすぎる呪いにかかってしまい、さらには背中に妖精の羽も生えてくる。ライはミリアを護ろうとするが、「迷子島の妖精」として大々的に取り上げられた彼女を目当てに、大陸中から観光客が押しかけてきて……。

 という、幼なじみで特に進展もなく安穏としていた二人に外部からのツッコミが入り、互いの関係について考えてみるという筋を軸にして、フレンチトーストやら鶏の丸焼きやら山盛りのケーキやら新鮮な魚介類やらのおいしい食べ物をこれでもかと詰め込んだお話です。
 明るくテンションの高いトラブルメイカーなお坊ちゃんとの友情や、マナティのヒモとして生きる眼帯の三十六歳元軍人なんかも盛り込みました。→キャララフなどはレガロシリーズブログにて。

 時代設定は二十世紀初頭(ww1とww2の間の時期)。近代なので電話や大衆新聞などの小道具が使えて楽しかったです。受話器と送信口が別々になった電話機はロマン……。電話交換手もね、いいですよね。好き。
 今回は一冊完結の読みきりですので、お気軽にどうぞー。


 さて、そんな海と島と料理の話で商業で出した本が十冊目となりました。
 というわけで記念写真を撮ってみた。

 表紙大集合。↓クリックで少し大きな画像が出ます。
十冊表紙。

 タワーにするとこんな感じです。↓同じくクリックで大きい版。
十冊背表紙。

 ここまで来れたのもみなさまのおかげです。ありがとうございます! いい加減に人なるも書きたい!(口癖)

 十冊それぞれの内容は古戸マチコ作品リスト(暫定版)でご確認ください。
 さて、次もまた面白いもん書きますよー。(だが人なるも諦めない)

at 11:46, 古戸マチコ(こと・まちこ), おいしい妖精の愛し方

comments(0), -, pookmark

9月15日「おいしい妖精の愛し方」発売します&表紙画像。

 レガロシリーズブログにて、9月15日発売「おいしい妖精の愛し方」の表紙イラストが公開されました。

 どーすか! どーすかこの美麗さ!!
 ヒーローの服が水に濡れてぴたりと肌にくっついてる感じを推していこうと思ったのですが、多分デザイン上の都合で完成品では目をこらさないとわからないかもしれないので、皆様心の眼鏡を装着してご覧ください(※強制はしません)。

 レガロブログではその他キャララフも公開中です。今後は色校(←表紙デザインがわかる)もそうなので引き続きそちらもどうぞよろしくお願いします。デザインがね! ポップなんですよ! とても予想外な可愛さでした。

>発売日は、
>9月15日です。
>(地域、書店さんによって異なります。搬入日は9月13日なので、早いところは14日には並んでいるかも)

 というわけで正式に発売日が決まりました。早い地方では14日かもってことで。


 さて表紙のライ(ヒーロー)に眼鏡をかけるかどうか悩んだという話。
 通常眼鏡キャラならばそりゃ眼鏡で迷いはないのですが、今回は眼鏡をかけたり外したりかけたり外したりかけられたり外されたり……と、やたらと眼鏡いじりの多い話なので、眼鏡なしでも間違いにはならないのです。

 初めての眼鏡ヒーローなので、ここぞとばかりに眼鏡であんなことやこんなことをやらかしました。
 おかげで各挿絵で「この場面は眼鏡アリかナシか」を細かくチェックしてまとめるはめになったりと、Yさんにはお手間いただきまして……ありがとうございます。眼鏡は大事です。ええ。

 というわけで9月15日!
 ギリギリまだ暑さの残る時期に、夏の海のお話をどうぞよろしくお願いいたしまーす!

at 21:13, 古戸マチコ(こと・まちこ), おいしい妖精の愛し方

comments(0), -, pookmark

9月中旬「おいしい妖精の愛し方」発売します。

(※8/23 追記)
Amazonさんで予約開始&発売日公開されてました。
というわけで、Amazonデータでは9月15日発売予定です。
(正式な発売日は若干前後する場合もあるので、また改めてお知らせします)
レガロシリーズブログこちらの記事でキャララフ公開されております。


 イースト・プレス様のRegalo(レガロ)シリーズより、
 9月中旬「おいしい妖精の愛し方」発売いたします。
 
 イラストはさとい様。まだ表紙画像は公開されていませんが、美しくて繊細で、だけど躍動感とスキンシップにあふれていてクール眼鏡なヒーローが水に濡れていて素晴らしく美麗ですよ!(※一部欲望が漏れてしまったことをお詫びいたします)

 あらすじ紹介などはレガロシリーズブログこちらの記事に掲載中です。 
 これからキャララフ、表紙画像などなど公開されるそうですので、気になる方もそうでない方もよろしければさといさんの美麗絵とそれを載せるYさんワールドをお楽しみください。いやほんと楽しいので(Yさんが)。

 天真爛漫で元気いっぱいな大食らいの海女と、無口で無愛想だけど面倒見のいい保護者タイプの料理人のお話です。
 見た目は格好いい眼帯の三十六歳まるで駄目なおっさん(職業:世捨て人)とか、テンション高くて人の話を聞かない都会から来た上流階級の坊っちゃんとか、色気のあるお姉さまとか、マナティとか出てきます。
 今回人外キャラがいないわ〜と思ってた直後にマナティが参戦して業を感じました。ええ。

 舞台は南ヨーロッパ。地中海に浮かぶ、古代から常に要塞として使われて人工的な増改築を繰り広げられてきた廃墟の島《迷子島(まよいごじま)》を舞台に、とにかく甘いものからしょっぱいものまでいろんな料理を作ったり食べたりするお話です。
 「やおろず」「やおろず弐」「つぎはぎ勇者の衣装係」と、よく考えたらレガロでは現代日本が舞台の話ばかり書いてきた上に海女とか言ってて大変日本ぽく見えるのですが、ヨーロッパですので! まあ書いててだいぶ瀬戸内っぽくなってしまった気もしますが! ヨーロッパですので!(※古戸マチコは瀬戸内の島出身です)


 〜今回Yさんと相当悩んだ結果、タイトルに「愛」の字が入りました〜
わたし「今回の内容だと、タイトルに愛が入っても詐欺じゃない気がするんですよ!」
Yさん「詐欺じゃありませんよ! 大丈夫ですよ!」
わたし「商業十冊目にして、タイトルに愛が入っても違和感のない話が……とうとうこの境地に……」
Yさん「そうですよ! (タイトルは)恋ではないですね」
わたし「男女愛と人間愛が半々ですよね。慈愛みたいな……(ヒーローが)」
Yさん「母性愛みたいな……(ヒーローが)」

 というわけで今回の可哀想担当は、珍しくサブヒーローではなく正ヒーローです。
 あれですかね、料理が上手で面倒見のいい男キャラはみんな可哀想になる運命なんですかね……。(除く律)

 ともかくそんなこんなで気がつけば商業十冊目、これまでで一番恋愛盛りの話となりました。
 こっから先もなんとか! 色々と! 変な話を中心に、人なるのことも忘れずにやっていきたいと思いますので、みなさまどうぞよろしくお願いいたします。

at 19:46, 古戸マチコ(こと・まちこ), おいしい妖精の愛し方

comments(0), -, pookmark