古戸マチコ著書リスト(〜2012年8月)

《古戸マチコ著書リスト(暫定版)》〜2012年9月

・本編だけでなくブログ内の番外編も含めてまとめてみました。
・タイトルはすべてAmazonの商品ページにリンクしております。→表紙画像も一覧できるAmazon「古戸マチコ」検索結果ページ
・各レーベル内で新しいものから順に記載しています。
・画像つき版は準備中です。シンプルなタイトルだけのリストも作りたい……。


続きを読む >>

at 16:22, 古戸マチコ(こと・まちこ), 本の情報

comments(0), -, pookmark

さぁ〜て、次の新作は?

  皆さまお気づきでしょうか、「うたう鳥のよる」帯の裏表紙側に、さりげなく新作の告知があります。



わたしは作者なのに三度見しました。
ちゃんと事前にコピー知ってたのに!データで帯確認もしたのに、なんか改めて読むと(字の小ささもあいまって)三度見してしまう謎のキャッチ。

やおろずの並びにあるので妖怪の名前みたいですが、海女(あま)です。舞台は南ヨーロッパです。たぶん今までで一番男気のあるヒーロー(眼鏡)を書きました。たぶん。

海に浮かぶ廃墟の島と永遠に続く路地裏と、後はとにかく食べ物!食べ物!食べ物!!…なお話です。

詳しい告知はまた情報解禁になってから。
どうぞよろしくお願いいたします。



古戸 マチコ
一迅社
¥ 620
(2012-07-20)
コメント:画像じゃよくわからんよ!という方はこちらの帯でレッツ三度見トゥギャザー。

at 06:11, 古戸マチコ(こと・まちこ), 本の情報

comments(0), -, pookmark

7月に新作が出ます。

情報解禁になったので、ひとまずお知らせだけ。

7月20日 一迅社文庫アイリスさんから
うたう鳥のよる 千夜一夜に巫女は舞う(仮)
(著:古戸マチコ/イラスト:柊暁生様)
発売されます。

オスマントルコ風ハレムに潜入して蒸し風呂でわたわたしたり、詩を書いたりコスプレしたり変な美形に振り回されたりする話です。
ハレム潜入ものだけど「寵妃としてのしあがるわ!」的な話ではないのが特徴かもしれない。

カテゴリ的にはいわゆる「ジャンル:アラブ」にかすってる気がしないでもないのに、港町なので砂漠がなかったり、血統その他の設定上、挿絵にからむ主要キャラに褐色肌の人がいなかったり(イラストにならない人にはいる)、サブタイの「巫女」が主人公じゃなくてヒーローのことだったりしてなんかちょっとすみませんな気持ちになりますが、一応はアラビアンの片隅に位置するかんじで。

2012年7月20日発売です。
また発売が近づいてきたら色々とお知らせします。
どうぞよろしくお願いいたします!

at 19:17, 古戸マチコ(こと・まちこ), 本の情報

comments(2), -, pookmark

「つぎはぎ勇者の衣装係」表紙出ました。

古戸 マチコ
イースト・プレス
¥ 1,260
(2010-07-15)

 7月16日発売の「つぎはぎ勇者の衣装係」、アマゾンさんに表紙画像出てました!
 レガロシリーズブログでは、キャララフも公開されています。

 「はなひらく」は主人公の周辺が全員変人でしたが、「つぎはぎ勇者の衣装係」は主人公が変人で周りがみんなまともです。
 というか、一番常識人で一番いい人なのが魔王です。

 ……そんなアホで日常でおかしなファッションだらけのコメディ小説、どうぞよろしくお願いします。

at 19:40, 古戸マチコ(こと・まちこ), 本の情報

comments(0), -, pookmark

「はなひらく」発売中&「つぎはぎ勇者の衣装係」!

 大変ご無沙汰しております古戸マチコです。
 毎回! 自分とこのブログなのに、毎回自己紹介から入っとる!
 そんな現状を打破するためには、まずパソコン周りの荷物を片付けるところから……って、このあたりは毎度同じ話になってしまうので、このくらいにしておきます。

 毎回変わらない近況=片づけが進まない ってことですね。
 ダンボール四箱分の本を売っても、まだまだ床が見えないのでした。

 そんなメイン機ほったらかしな最近は、ネットでは主にツイッター上に生息しております。
 ツイッターは登録しなくても、読むだけは読めますので、コトマチ最近何しとるんかなーという方は、時々ふらっとのぞいてやってください。ツイログとかしてないのであんまり過去は振り返れませんが。(フォロー・リムーブもご自由にどうぞ)

 カリアラ生BOTも引き続き稼動しています。こちらはログあり。
 水曜日はサフィギシルBOTになりますが、最近マンネリなので、たまにペシフィロになったりしてます。他のキャラクターでもたまにやろうと画策中。
 BOTとは言え、逐一キャラクターの台詞を書き込む生仕様。
 なんというか、人なる更新へのモチベーションを保ついいきっかけになっています。
 忘れてない、わたし、忘れてないからね……!

 まあ、今年はちょっと、二度目の大学生になったりして(※)、てんやわんやしております。
 七月はぎゅうぎゅうですが、八月以降はスカスカな……はず。
(※通信制の大学に入りました。まさか自分が美大生になるとは思わなかったよ……)(美術史とかなので絵は描きませんが)

 なのでこの夏はコトマチはネットではツイッターにのみ生息しているくらいの更新度です。

 久々なので近況が長くなりましたが、放置しまくってる間にはなひらく発売してました!
 感想を下さった方々、ありがとうございます! 今のところ、五人(+2)の変人男子の人気はいい感じにばらけているようですね。誰を選んでも変人です。ええ。

 そして告知お待たせしました!
 イースト・プレスさんのレガロシリーズから新作が出ます。
 「つぎはぎ勇者の衣装係」7月16日発売、イラストは加藤アカツキさんです。

 ↓以下、みかん大好き編集Yさんが辛苦の末に生み出したあらすじをドーン。


 勇者が空から降ってきた!?

 破天荒な女の子とへたれな勇者が、子煩悩で几帳面な魔王と戦う、
 スーパー混沌(カオス)ハイテンションLOVE☆コメディ(ポロリもあるよ)登場!!


 虹色のTシャツの上には真っ赤なボレロ。スパンコールが散りばめられたショートパンツに虎柄のタイツ。「壊れたフランス人形」と形容されるマユコは、壊滅的なファッションセンスの持ち主。
 そんなマユコの目の前に、ある日勇者が降ってきた!?
 異世界から逃げた魔王を追ってきた勇者・小太郎の魂は、運悪くマユコの持っていたウェディングドレッシィ(ウェディングケーキの人形)に乗り移ってしまう。小太郎が人間の姿に戻れるのは真夜中だけ。しかし衣装はウェディングケーキのまま……。
 「こんな服じゃ魔王と戦えない! 私が小太郎に最強の服を作ってあげる!」
 マユコは小太郎のために、自ら衣装係を買って出るのだが――。


 ……これを読んだ時、ああ、Yさん頑張ったんだなあ……と軽く泣けました。
 すみません、今回なんか、こう……今までで一番変な話なので、あらすじやコピーは難易度が高いのです。
 これまで書籍として出していただいた話の中では一番のテンション、一番のコメディになったと思います。
 へいじつやに載せたものと比べても、もしかすると一番あほな話かもしれません。
 いや、大王にはやや負けるかな……でも大王も時事ネタ多いし、ボリュームから言ってもひょっとしたら「つぎはぎ〜」の方が強いかもしれない……(あほさが)。

 ちなみに、勇者やら魔王やらが出てきますが舞台は現代。勇者たちの世界観も、剣と魔法のファンタジーというより特撮戦隊ヒーロー寄りです。
 俺と魔王の47戦とはまた違うぐだぐだ感、敵と味方の馴れ合い感、事件が起こっているのにどこまでも日常の延長でしかないへいじつや風味をご堪能いただけるかと思います。

 おさらいしますが発売は7月16日!(アマゾンさんの表示は15日ですが)
 地方によって数日のずれがありますのでご注意ください。
 加藤アカツキさんの賑やかでかわいくてポップな表紙が目印です!
 わたし中の挿絵で加藤さんに無茶振りに次ぐ無茶振りを繰り返してしまったのですが、なんかもう見事に素晴らしく昇華して下さいましたよ! 変なものばかりお願いしてすみませんでした!(今回心の中でずっと謝り続けている……)

 7月2日現在予約受付中です。→Amazon 楽天ブックス
 発売前後はおそらく更新できそうにないので、またしても放置になってしまうかもしれません。
 しかしレガロシリーズブログは! Yさんはきっと色々更新してくれますよ!
 ラフとか表紙とか色々出てきますよ! そうですよねYさん!

 レガロシリーズは6月以降毎月連続刊行だそうで、皆様どうぞ応援よろしくお願いします。


 ↓さて、続きからは「つぎはぎ〜」の各話サブタイトルと、もうちょい突っ込んだあらすじです。
 あんまり事前に内容知りたくないよーという方はご注意ください。

古戸 マチコ
イースト・プレス
¥ 1,260
(2010-07-15)

続きを読む >>

at 00:46, 古戸マチコ(こと・まちこ), 本の情報

comments(0), -, pookmark